セルフタッピングねじは、製造および建設業界で一般的に使用されているように、プロセスからのステップを排除することで時間を節約するため、独自の穴を開けるように設計されたファスナーです。スクリュードライバーとセルフタッピングねじを使用することにより、正確にフィットしたねじ山が作成されます。セルフタッピングネジは、定期的なメンテナンスが必要なアイテムに最適で、2種類の材料を一緒に固定して作業するときにうまく機能します。

これらのネジには、鈍い、平らな、鋭い、または鋭い先端が付いています。先端が鋭利なセルフタッピングネジは、柔らかい木やプラスチックに独自の穴を開けます。ただし、硬い材料で作業する場合は、下穴を開けると便利です。

1